「風の松原」
    まつぼっくり
豊かな流れの米代川と日本海に位置し、港と木材のまちとして栄てきた能代市。昔、この地は飛砂の被害で町民を苦しめました。そこで正徳年間(1720年代)能代の回船問屋 越後屋太郎上衛門が私財を投じて植林したのが始まりと云われ、現在では面積760ヘクタール、700万本の黒松は、日本五大松原の一つとして全国に知られてきました。今では能代のシンボル「風の松原」の愛称で市民いこいの松原として親しまれています。銘菓まつぼっくりは「風の松原」をイメージして小さな松ぼっくりを形どった最中に、純良の黒ゴマをたっぷりつかったあんを入れて造りました。
10個入    1,100円
   (ご予算に応じて詰め合わせ致します。)
柿ごろも
『柿ごろも』のひとり言

私は古くから秋を彩り、生柿として食され、干柿として加工され、貯蔵品として重宝がられて来ました。この干柿の風味を更に向上させて、皆様のお口にして頂くため、白餡を入れて、私の持ち味を発揮させて潤いを持たせ「柿ごろも」としてデビュー以来、御贈答に働いております。これも当店の知恵から生まれたものであり私たち「柿」として、うまれた幸せを感じております。何卒、御愛用賜ります様、御吹聴下さいませ。
 5個入   1,100円
10個入   2,200円
15個入   3,200円
20個入   4,200円
〒016-0803
秋田県能代市大町1-16

 TEL・FAX   
0185-52-5416
秋になると、風の松原に自生するキノコ(金茸)を最中に形どり、粒よりの小豆粒あんを入れた「きんだけ最中」秋田もろこしべっ甲焼オランダかすてらなどもあります。ご来店お待ちしております。
賞味期間
夏季・・・十日間位
冬季・・・二十日間位
商品は税別です。
商品は税別です。